We Will Rock You♪

 

ある日突然、何の前触れもなく凄い人に出会ってしまう。

その人によって、自分の心が否応なく揺さぶられたことってないかな。

 

 

それを知ったことにより、何かしら影響を自分が受けてしまう。

「ガチーン」とハンマーで自分の頭を殴られたみたいに…。

決してピコピコハンマーではない。

ずっしりとした重いハンマーに。

 

 

それは人とは限られない。

ある時は一冊の本であったり、暇つぶしに観た映画であったり、又はたまたま見たブログであったり…

 

 

そんな体験は一生の間に、そう何度もあることではないかもしれない。

私は運が良いことに、これまでの人生で何度かある。

 

 

自分がそれまでしてきたことに、どこか疑いを持ってしまう…

これから先どうしたらいいか…今自分がどこに立っているのか、全く分からなくなってしまうような体験。

 

 

でもそれは素敵なことだと思う。

もしかしたら自分自身が成長できる、そして変化できるチャンスを与えてくれるのだから。

 

 

ガチーンと…

 

 

今日はビデオクリップ風に。

 

 

作詞作曲したブライアン・メイは、ロック界の中でもその経歴がかなり異色な人…そんな人だったからこそできた曲である気がする。

ロックオペラと呼ばれるようなクイーンの曲の中でも、この曲は少し突飛な感じ…しかし今となっては、そんな雑多さが混在していることがクイーンらしいと私は思う。

我が家のニャンコたちと、東山動物園の動物たちの競演で、カヴァーは日本の方。

 

 

 

We Will Rock You♪

Brian May

Queen

 

 

私はその「猫ブログ」に出会った瞬間、凄くショックでした。

自分がブログを書く意味を疑った。

動物園の動物たちを、揺さぶられた「猫ブログ」風に…

 

 

想像してみてください。

 

 

 

 

 

他に何者も存在することができない、厳しい原始の地球の大地であるように、

そして全ての生物がそこで誕生し育まれた、優しい母である海のように…

 

 

これからも多くの人の心を揺さぶり続けて欲しい

 

 

(2013年ねこたより掲載・2016年加筆)

 

 

 

 

 

Next