アイネ・クライネ・ナハトムジーク♪

 

 

モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークが好きです。

記憶が曖昧だけれど中学生の頃からずっと好きではないかな。

クラシックの中でも、あるいはモーツァルトの曲という小さなくくりの中でも、誰もが一度は耳にしたことがある曲だと思う。

 

 

昨年度まで2シーズン続けて、地元の交響楽団の一年通しのコンサートに、後ろの方の安い席のチケットを買って通っていました。

そしていつも楽しみにして毎回同じ席に座ってクラシックのコンサートを鑑賞した。

 

 

どうしてなのか…それは音楽以外のことに関しても学ぶことが多かった。

 

 

 

 

そのコンサートシリーズの中で、初めて生演奏でアイネ・クライネ・ナハトムジークを聴いた。

CDなどの音源ならば、有名な指揮者、交響楽団の演奏でいくらでも聴くことができるけれど、

これまで聴いた中で、このコンサートで聴いたものが一番素晴らしかった。

 

 

人によって感じ方は異なるだろうけれど、

この曲を聴くと、いつも私は少しだけ寂しく切ない気持ちになります。

 

 

 

 

 

しばらくブログ更新から遠ざかっています。

前に書いたものを書き直すという形でなら、ある程度はブログを更新することはできるのでしょう

なぜか今回はそんな気分にならなかった。

そしてブログの書き方に悩みがあり、意図あってこの曲をブログ題にしました。

 

 

自分の中では、その悩みを言葉にできるくらい、様々なことがだんだん明確になってきています。

けれども、あえて言葉にして説明せず、この曲の中に考えていることを詰め込みます。

 

 

作曲した偉大な天才モーツァルトさんと私とでは、あまりに違いすぎて申し訳ないけれど、

私にはブログに対する今の悩みが、この曲にぴったりと感じる。

 

 

暑くなってきて、ねこたちも伸びて寝ることが多くなってきました。

毎年暑いけれど、今年は長毛ねこにとって、例年よりもっと大変かもしれない…。

 

 

 

アイネ・クライネ・ナハトムジーク♪

(Eine kleine Nachtmusik)

Wolfgang Amadeus Mozart

カヴァーを探していて、ギターという楽器はほぼピアノ並の万能さだなと知らされました。

ギターでのカヴァーに不可能はないということをYoutubeに教えられている気がする。

 

 

 

 

 

Next